未決の戦争責任

粟屋憲太郎 著

日本の21世紀を占う、最大の試金石。世界が忘れる事を許さない《事件》を追い続ける、歴史家の提言。旧日本軍が行った《毒ガス作戦》の詳細な論考も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま未決の戦争責任とは
  • 2 いま戦争犯罪裁判を考える
  • 3 東京裁判-訴追と免責
  • 4 東京裁判・国際検察局尋問調書
  • 5 毒ガス作戦の真実
  • 6 旧日本軍の毒ガス大量遺棄問題
  • 7 現代への視線
  • 8 <対談>太平洋戦争開戦から半世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未決の戦争責任
著作者等 粟屋 憲太郎
書名ヨミ ミケツ ノ センソウ セキニン
書名別名 Miketsu no senso sekinin
出版元 柏書房
刊行年月 1994.9
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 4760111174
NCID BN11473010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想