都市

増田四郎 著

西ヨーロッパにおける近代資本主義の幕開けのきっかけともなった「市民」とは、どのような概念なのだろうか。古代・中世・近代の「都市」という現象を、広く世界史的な視野のもとに眺めるとともに、ヨーロッパの都市と東洋、特に日本の町との本質的な相違を社会的に比較研究し、市民意識の根源を浮き彫りにする先駆的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市とは何か
  • 2 市民とは何か
  • 3 東洋になぜ市民という意識が発達しなかったか
  • 4 ギリシア・ローマの都市国家
  • 5 西洋中世都市の二つの型
  • 6 近代社会への転換について
  • 7 近代都市の成立
  • 附論(ヨーロッパ都市の伝統
  • 「市民」の概念とその変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市
著作者等 増田 四郎
書名ヨミ トシ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.8
ページ数 228p
大きさ 15cm
ISBN 4480081399
NCID BN11396510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想