鳥の研究室

内田清之助 著

[目次]

  • もくじ
  • 1 ツバメは地上や屋根の上におりても歩かないのはなぜですか。 / 4
  • 2 ニワトリは,水をのみますが,なぜ小便をしないのでしょうか。それとははんたいに,ウサギは水をのまないのに,なぜ小便をするのでしょう。 / 6
  • 3 おてんきのよい日など,ニワトリが砂をかぶっていますが,なぜあんなことをするのでしょう。 / 8
  • 4 鳥も話をしているのでしょうか。 / 10
  • 5 鳥には耳がないのに,なぜ音がするとにげるのですか。 / 12
  • 6 ニワトリははねがあるのに,なぜ飛べないのでしょう。 / 14
  • 7 ニワトリの卵の,黄身と白身のさかいがみだれているようなのは,食べてもよいのでしょうか。 / 16
  • 8 トンビが空中を羽ばたきもせずに飛んでいるのは,なぜでしょうか。 / 18
  • 9 ツルやハトの卵からは,必ず雌雄一つがいがかえるといわれていますが,ほんとうでしょうか。 / 20
  • 10 尻尾のいちばん長い鳥と,短い鳥はなんですか,教えてください。 / 22
  • 11 鳥はなぜ枝の上に眠ってもおちないのでしょう。 / 24
  • 12 アヒルや,そのほかいろいろの水鳥が,水の中にもぐってもはねがぬれないのは,どういうわけでしょう。 / 26
  • 13 渡り鳥はどこからきてどこに去るのでしょうか。 / 28
  • 14 ツバメは毎年同じ家へ帰ってきて,巣をつくるといわれますが,ほんとうでしょうか。 / 30
  • 15 鳥はよい声で鳴き,そして鳴きはじめるといつまでも鳴きつづけますが,どうしてあんなにいきがつづくのでしょう。 / 32
  • 16 ペンギン鳥は南極にばかりすんでいて,同じように氷にとざされている北極にはすんでいないのでしょうか。 / 34
  • 17 クリスマスのとき,シチメンチョウをたべるのはどういうわけなのでしょう。 / 36
  • 18 ツバメは冬になると,大木の洞穴のなかにたくさんでもぐっていて,春になるとそこから飛び出すといわれていますが,本当にそんなことがあるのでしょうか。 / 38
  • 19 鳥の巣は,ふつうなかなか見つかりにくいものですが,どんなところに巣をつくるのですか。 / 40
  • 20 鳥には歯もなくて,かたい穀物や木の実などを丸のみにするのに,よくこなれるのはなぜですか。 / 42
  • 21 めんどりがトキをつくると,その家にわるいことがおこるといいますが,ほんとうにそんなことがあるものでしょうか。 / 44
  • 22 ニワトリは,雄の方が大きくて色もずっときれいですが鳥はみんなニワトリのように,雄の方がりっぱなのでしょうか。 / 46
  • 23 6年生の理科の本のはじめに,始祖鳥の化石の絵がありますが,説明がありません。始祖鳥のことを教えてください。 / 48
  • 24 巣箱によくはいる鳥は,どんな種類ですか。教えてください。 / 50

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鳥の研究室
著作者等 内田 清之助
書名ヨミ トリ ノ ケンキュウシツ
シリーズ名 新版少年の観察と実験文庫 ; 63
出版元 岩崎書店
刊行年月 昭和39
ページ数 50p 図版
大きさ 22cm
NCID BA58388208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45025300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想