万葉歌の形成と形象

高野正美 著

[目次]

  • 1 古歌謡と万葉(古歌謡の諸相
  • 宮廷寿歌の展開
  • 序詞の景-歌謡から和歌へ-)
  • 2 万葉歌の形成(挽歌の形成-人麿の位置-
  • 景の展開-自然詠の諸相-
  • 貴族和歌-宴と遊覧の様態-
  • 伝説歌・戯笑歌の形成
  • 作者未詳歌とその性格
  • 旋頭歌の形成
  • 歌の変容-序詞をめぐって-
  • 末期万葉の動向-古今的表現の基層-)
  • 3 万葉歌の形象-長歌の形象(柿本人麿
  • 高橋虫麻呂)-短歌の形象(柿本人麿
  • 山上憶良
  • 坂上郎女
  • 東歌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉歌の形成と形象
著作者等 高野 正美
書名ヨミ マンヨウカ ノ ケイセイ ト ケイショウ
書名別名 Man'yoka no keisei to keisho
シリーズ名 万葉集 273
笠間叢書 273
出版元 笠間書院
刊行年月 1994.11
ページ数 437p
大きさ 22cm
ISBN 4305102730
NCID BN11411385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95004349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想