器質脳症候群

Richard L.Strub, F.William Black [著] ; 江藤文夫 監訳

この本は脳損傷の後遺症あるいは機能障害としてみられる神経行動変化の臨床的考察を述べたものである。これらの行動症候群はいろいろに呼ばれ、たとえば器質脳症候群、器質精神症候群、あるいは最近では神経行動症候群というようにである。これらの症状は分類学的に神経学と精神医学の間の境界領域を占めている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解剖と臨床評価
  • 第2部 臨症上の主要な器質脳症候群
  • 第3部 特殊な病因による神経行動学的症候群
  • 第4部 境界領域器質脳症候群

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 器質脳症候群
著作者等 Black, F. William
Strub, Richard L
Strub, Richard L.
江藤 文夫
書名ヨミ キシツ ノウ ショウコウグン
書名別名 Organic brain syndromes

神経行動障害入門
出版元 西村書店
刊行年月 1994.9
ページ数 377p
大きさ 22cm
ISBN 4890132252
NCID BN1132826X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95003902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想