水辺ビオトープ : その基礎と事例

自然環境復元研究会 編

水辺ビオトープの保全と復元。自然環境保全の新たな概念として「野生生物が持続して生息できる生態系の確立した、まとまりのある空間」であるビオトープづくりが各地で進められている。本書ではその概念と実際の実施例から水辺ビオトープの意義と目的を探ってみた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 水辺ビオトープの基礎
  • 第2編 水辺ビオトープの事例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水辺ビオトープ : その基礎と事例
著作者等 桜井 善雄
自然環境復元研究会
書名ヨミ ミズベ ビオトープ
シリーズ名 自然復元 特集3
出版元 信山社サイテック
刊行年月 1994.7
ページ数 142p
大きさ 26cm
ISBN 4882615304
NCID BN11174723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95002382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想