ナポレオン伝説の形成 : フランス19世紀美術のもう一つの顔

鈴木杜幾子 著

視覚的な資料を時代の意匠と伝統の交錯する社会的記号として読み解き、歴史に簒奪された美の復権を試みるユニークなフランス美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 帝権の視覚化(首席画家ダヴィッド
  • アントワーヌ=ジャン・グロ
  • その他の芸術家たち<絵画・彫刻・建築>)
  • 第2部 ナポレオン崇拝の視覚化(ボナパルティスムとナポレオン崇拝
  • 皇帝から「小伍長」へ
  • 「中道派」の美術戦略-エトワールの凱旋門とヴェルサイユ宮殿の歴史美術館
  • 「遺骸の帰還」とその周辺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナポレオン伝説の形成 : フランス19世紀美術のもう一つの顔
著作者等 鈴木 杜幾子
書名ヨミ ナポレオン デンセツ ノ ケイセイ
書名別名 Naporeon densetsu no keisei
シリーズ名 ちくまライブラリー 98
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.6
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4480051988
NCID BN10928250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想