アステカ帝国滅亡記

ジョルジュ・ボド, ツヴェタン・トドロフ 編 ; 菊地良夫, 大谷尚文 訳

最初のヨーロッパ人を迎えたインディオは何を体験し、何を伝えたか-インディオが語り伝える6編の物語を発掘・編集し、征服者にして神々の顔をもつ異人への畏怖と戸惑いに揺れる伝統文化の多様な対応を通じて、近代における<知>の衝突の構造を浮彫にする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民族史学的な背景
  • 1 ナワトル語のテクスト(フィレンツェの絵文書
  • トラテロルコ編年史
  • オーバンの絵文書)
  • 2 スペイン語のテクスト(ラミレスの絵文書
  • トラスカラ史
  • ヌエバ・エスパーニャのインディアス史および大陸付属諸島史)
  • 征服物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アステカ帝国滅亡記
著作者等 Baudot, Georges
Todorov, Tzvetan
大谷 尚文
菊地 良夫
トドロフ ツヴェタン
ボド ジョルジュ
書名ヨミ アステカ テイコク メツボウキ
書名別名 Récits Aztèques de la conquête

インディオによる物語
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 444
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.8
ページ数 644, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4588004441
NCID BN11114379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想