フィシオログス

オットー・ゼール 著 ; 梶田昭 訳

民衆に読みつがれたもう一つの聖書。《自然について語る人》という表題の本書は、西暦200年に成立した、聖書と並ぶ中世のベストセラーであり、神秘の語彙に満ち溢れた55篇の寓話は、文学と芸術における動物シンボリズムの原典である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィシオログス
著作者等 Seel, Otto
梶田 昭
ゼール オットー
書名ヨミ フィシオログス
書名別名 Der Physiologus. 2.Aufl

Fishiorogusu
シリーズ名 Documenta historiae naturalium
出版元 博品社
刊行年月 1994.6
ページ数 204, 3p
大きさ 23cm
ISBN 493870613X
NCID BN10988558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94060043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想