日本の焼肉韓国の刺身 : 食文化が"ナイズ"されるとき

朝倉敏夫 著

数々の興味深い事実をあげながら、お互いの国に受容された食が「似て非なるもの」となることを、文化人類学の「文化受容」の概念によって明らかにし、根底にある食文化のちがいに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「食の文化変容」から見えること
  • 1部 ジャパナイズされた韓国料理(日本の焼肉店-韓国との違い
  • 東京23区の韓国料理店を電話番号簿から分析する
  • 戦後史のなかの韓国料理店
  • 女子短大生に聞く焼肉のイメージ
  • 焼肉と在日韓国・朝鮮人-そのアナロジカルな関係)
  • 2部 コリアナイズされた日本料理(ソウルの日本料理店を電話番号簿から分析する
  • 探訪・韓国の日本料理店
  • 刺身から「サシミ」へ-日本料理の変容
  • ソウルの当節外食事情-外食産業の「日本化」)
  • 終章 似て非なるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の焼肉韓国の刺身 : 食文化が"ナイズ"されるとき
著作者等 朝倉 敏夫
書名ヨミ ニホン ノ ヤキニク カンコク ノ サシミ
書名別名 Nihon no yakiniku kankoku no sashimi
シリーズ名 人間選書 178
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1994.5
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 4540940554
NCID BN10808350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94057678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想