宇宙へ飛んだ鯉 : エンデバーの宇宙実験

森滋夫 著

この本は1992年9月12日から20日の8日間、日本の搭乗科学者、毛利衛さんが搭乗したエンデバーで行われた宇宙実験のひとつ、鯉の実験について、それがどのようにして考え出され、どのように準備され、また、どんな結果が得られ、鯉は最後にどうなったか、など、分かりやすく紹介したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • NASAの宇宙活動
  • 日本の宇宙開発
  • 第一次材料実験計画(FMPT)と搭乗科学者(PS)の選抜
  • NASAのスペースシャトルとFMPT飛行計画
  • 「宇宙酔い」の話
  • 魚の耳、魚の目
  • 鯉の宇宙実験
  • ケネディスペースセンター(KSC)への道
  • 二回目のリハーサル、そして本番
  • 打ち上げ
  • 鯉の映像が下りない
  • "宇宙酔い"になった鯉
  • 帰ってきたエンデバーと宇宙鯉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙へ飛んだ鯉 : エンデバーの宇宙実験
著作者等 森 滋夫
書名ヨミ ウチュウ エ トンダ コイ
書名別名 Uchu e tonda koi
出版元 リバティ書房
刊行年月 1994.6
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 4947629592
NCID BN11251176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想