子づくりの博物誌

碓井益雄 著

人々は古来より生命のパワーにさまざまな研究、思索、想像をめぐらせてきた。血液が凝固して形成される胎児、精子の中にじっとうずくまるミニチュアの人間、豊饒への願いを込めた性器信仰。古今東西の民俗学、文学、そして生物学を題材に、性の営みや、肉体の力、生命誕生の神秘をめぐる、豊かなイマジネーションの世界を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ子供を産むのだろうか
  • 第1章 男と女
  • 第2章 性器の呪力
  • 第3章 とつぎと受胎
  • 第4章 月のめぐり
  • 第5章 血のつながり
  • 第6章 頭と豊饒
  • 第7章 受胎システムの解明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子づくりの博物誌
著作者等 碓井 益雄
書名ヨミ コズクリ ノ ハクブツシ
書名別名 生と性をめぐるイマジネーション
出版元 工作舎
刊行年月 1994.4
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 4875022328
NCID BN10844649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94046026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想