厄除け詩集

井伏鱒二 著

そこはかとなきおかしみに幽愁を秘めた「なだれ」「つくだ煮の小魚」「歳末閑居」「寒夜母を思ふ」等の初期詩篇。"ハナニアラシノタトヘモアルゾ「サヨナラ」ダケガ人生ダ"の名訳で知られる「勧酒」、「復愁」「静夜思」「田家春望」等闊達自在、有情に充たち漢詩訳。深遠な詩魂溢れる「黒い蝶」「蟻地獄(コンコンの唄)」等、魅了してやまぬ井伏鱒二の詩精神。四部構成の初の文庫版『厄除け詩集』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 厄除け詩集
  • 訳詩
  • 雨滴調
  • 拾遺抄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 厄除け詩集
著作者等 井伏 鱒二
書名ヨミ ヤクヨケ シシュウ
書名別名 Yakuyoke shishu
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.4
ページ数 168p
大きさ 16cm
ISBN 4061962671
NCID BN10736737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94043135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想