大英博物館の舞台裏

デイヴィッド・M.ウィルソン 著 ; 中尾太郎 訳

年間600万人もの入館者がありながら、大英博物館は何故入館料を取らないか?ギリシャ政府からの要求に対し、エルギン・マーブルズは何故返還しないのか?15年間、大英博物館の館長を務めた著者が、自らの経験をもとに、大英博物館の現状とあるべき姿を語り、広く支援を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「かの高雅なる宝物庫」
  • 第2章 収集
  • 第3章 収蔵品の管理
  • 第4章 スタッフとトラスティー
  • 第5章 建物と展示
  • 第6章 資金
  • 第7章 全世界のために
  • 第8章 我々は今後何をなすべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大英博物館の舞台裏
著作者等 Wilson, David Mackenzie
Wilson, David McKenzie
中尾 太郎
Wilson David M.
ウィルソン デイヴィッド・M.
書名ヨミ ダイエイ ハクブツカン ノ ブタイウラ
書名別名 The British Museum:purpose and politics
出版元 平凡社
刊行年月 1994.3
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4582738273
NCID BN10566626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想