戦争と放送 : 史料が語る戦時下情報操作とプロパガンダ

竹山昭子 著

放送70年の歴史のなかで、戦時のもつ意味は大きい。焼却処分をまぬがれた史料の一字一句が、キー・シンボルを駆使した情報操作を雄弁に語っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政府の放送政策
  • 日本放送協会の対応
  • ジャーナリズムたり得なかった放送
  • 1章 戦争プロパガンダの実想
  • 2章 放送への国民の反応
  • 3章 「マル秘敵性情報」にみる原爆投下
  • 4章 戦争の終結と放送

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と放送 : 史料が語る戦時下情報操作とプロパガンダ
著作者等 竹山 昭子
書名ヨミ センソウ ト ホウソウ
出版元 社会思想社
刊行年月 1994.3
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4390603698
NCID BN10578002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94035249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想