物理学者と現代の物理

ア・イ・キタイゴローツキー 著 ; 匹田軍次 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき
  • 第1章 自然科学の方法と目的 / p9
  • 応用科学
  • 自然科学
  • 科学と芸術
  • 自然科学の目的
  • 第2章 自然科学の効用 / p24
  • 自然科学の実用的効果
  • 発見への道
  • 応用科学におよぼす影響
  • 第3章 社会のなかの科学者 / p31
  • 研究室
  • 研究集団
  • 研究計画
  • 職業としての科学
  • 第4章 科学者と学会 / p43
  • 学会
  • 学術雑誌
  • 抄録雑誌
  • 情報機械
  • 国際会議
  • 第5章 科学への扉 / p56
  • 科学者としての素質
  • 科学者教育
  • 大学院の学生
  • 学者の生活
  • 第6章 物理学と歴史 / p67
  • 古代・中世の物理学
  • 観察と実験による研究
  • ニュートン
  • 天体の運動
  • 力学法則
  • エーテル
  • 第7章 常識への挑戦 / p80
  • 相対性理論
  • 自然の基本法則
  • 理論の役割
  • 第8章 敗れ去った常識 / p93
  • 原子模型
  • 素粒子
  • 原子エネルギー
  • 量子力学
  • シュレーディンガーの方程式
  • 波動・粒子の2様性
  • 第9章 今日という時代 / p104
  • 物理的思考
  • テレパシーは可能か
  • 確率の世界
  • 新しい理論が生まれるとき
  • 公理とは
  • 第10章 化学と物理学 / p117
  • 原子価
  • 分子の構造
  • 応用化学
  • 経験法則
  • 分子のモデル
  • 物理化学者
  • 第11章 生物学と物理学 / p128
  • 生物物理学
  • 生体の構造法則
  • 細胞
  • タンパク質の構造と組み合わせ
  • 分子生物学が目指すもの
  • 第12章 心理学と物理学 / p138
  • 人間機械
  • 脳・神経系のメカニズム
  • ニューロンと電子回路
  • 機械の感情
  • 詩をかく機械
  • 精神生活の物理的性質
  • 第13章 物理学者は科学にたずさわる / p150
  • 実験家
  • 理論家
  • 理論物理学者の仕事
  • 理論家の素質
  • 科学部門の連続性
  • 第14章 未来への道は広い / p164
  • 応用物理学
  • 工業をささえる物理学
  • 医療物理学
  • 言語学
  • 地球科学
  • 第15章 物理学者と詩人 / p179
  • 自然科学的態度
  • 芸術の使命と科学の使命
  • 職業としての物理学

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物理学者と現代の物理
著作者等 Kitaigorodskii, Aleksandr Isaakovich
Kitaĭgorodskiĭ, Aleksandr Isaakovich
匹田 軍次
ア・イ・キタイゴローツキー
書名ヨミ ブツリ ガクシャ ト ゲンダイ ノ ブツリ
シリーズ名 科学普及新書
出版元 東京図書
刊行年月 1968
ページ数 191p
大きさ 19cm
NCID BN06765312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68012212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想