地域自治会の研究 : 部落会・町内会・自治会の展開過程

鳥越皓之 著

町内会や部落会などと呼ばれる地域自治会ほど時代により評価の分かれる組織はない。地域社会の役割が増大している今日、基礎単位となる住民組織である地域自治会をどう位置づけるか-。歴史的な展開過程と行政とのかかわりのなかで"社会化・政治化された仕掛け"としての本質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の問題関心
  • 第1章 地域自治会の研究史-成果と課題
  • 第2章 地域自治会の成立と展開
  • 第3章 明治前期の町内会
  • 第4章 戦前までの地域自治会と地域組織
  • 第5章 戦時下の部落会の役割
  • 第6章 部落・町内の境界
  • 第7章 地域自治会の組織と機能-生活の歴史を担った自治会
  • 第8章 地域自治会の内部葛藤
  • 第9章 韓国の地域自治会-班常会
  • 資料 敗戦直後の部落会・町内会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域自治会の研究 : 部落会・町内会・自治会の展開過程
著作者等 鳥越 皓之
書名ヨミ チイキ ジチカイ ノ ケンキュウ
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第68編
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1994.2
ページ数 298, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4623023923
NCID BN10443998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想