日本とアジア

竹内好 著

西欧化だけが日本の近代化の道だったのか-。魯迅を敬愛する思想家が、戦前からの中国文学研究の蓄積のうえに、日本の近代化、中国観・アジア観、ナショナリズムを鋭く問い直した評論集。「中国の近代と日本の近代」(1948年)、「近代の超克」(1959年)、「方法としてのアジア」(1961年)など、今なお思想的有効性を失わぬ23編を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国の近代と日本の近代
  • 日本人の中国観
  • 東洋人の日本観
  • 二つのアジア史観
  • 日本人のアジア史観
  • アジアのナショナリズムについて
  • ナショナリズムと社会革命
  • アジアのナショナリズム
  • アジアにおける進歩と反動
  • 近代の超克〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とアジア
著作者等 竹内 好
書名ヨミ ニホン ト アジア
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.11
ページ数 491p
大きさ 15cm
ISBN 4480081046
NCID BN09880984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94018785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想