陶工パリシーのルネサンス博物問答

ベルナール・パリシー 著 ; 佐藤和生 訳

フランス・ルネサンス期に生き、宗教戦争のただなかで死んだ陶工パリシー。彼はまた、時代を先駆けた科学者でもあった。魚の化石すらどこかの匠がつくって捨てたものだと考えられていたこのころ。パリシーは、土、木々、石ころ、森の動物、海辺の貝などあらゆるものを観察し、自然のしくみとはたらきを読みとってゆく。未来を見とおした樹木伐採、有効な堆肥のほどこしかた、土壌・農耕・森林・生物・鉱物の基礎知識、「詩篇」にもとづく理想の庭園、新教教会の興り…。問答形式で生きいきとつづられるルネサンスの知恵の息吹。A・フランス、ヴァレリー、バシュラール、ガスカール、渡辺一夫ら第一級の文学者に愛されてきたパリシーの著作を初紹介。その思想と人柄を伝えるチャーミングな古典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自然のしくみ
  • 2 理想の庭園
  • 3 痴愚さまざま
  • 4 新教徒としての証言
  • 5 城砦都市について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陶工パリシーのルネサンス博物問答
著作者等 Palissy, Bernard
佐藤 和生
パリシー ベルナール
書名ヨミ トウコウ パリシー ノ ルネサンス ハクブツ モンドウ
書名別名 Recepte véritable

Toko parishi no runesansu hakubutsu mondo
出版元 晶文社
刊行年月 1993.12
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4794961545
NCID BN1028670X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94017632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想