一九四九年「謀略」の夏 : 戦後史検証

佐藤一 著

昭和24年夏、相次いで起きた"鉄道謀略事件"を引き金に、民主化は挫折し、日本は"逆コース"へと大転換した-。はたしてこの戦後史観は妥当か。戦後史の欠落点「民主化勢力敗退の謎」を、新史料を発掘して解き明かす。占領から半世紀、いま問われる"日本の戦後"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 激動の戦後史一九四九年夏
  • 1章 国鉄労働組合人員整理反対闘争は何故敗れたか
  • 2章 定員法反対闘争と陰の主役「日本共産党」
  • 3章 謀略神話は何故生まれたか
  • 4章 全逓信労働組合分裂と敗退の軌跡
  • 5章 九月革命説と人民政府の幻想
  • 6章 「下山事件」と政府、占領軍の思惑
  • 7章 つくられた列車暴走、転覆事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九四九年「謀略」の夏 : 戦後史検証
著作者等 佐藤 一
書名ヨミ センキュウヒャク シジュウクネン ボウリャク ノ ナツ
書名別名 Senkyuhyaku shijukunen boryaku no natsu
出版元 時事通信社
刊行年月 1993.12
ページ数 309p
大きさ 20cm
ISBN 4788793423
NCID BN1015498X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94014680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想