私たちのたのしい演劇教室

八田元夫 著 ; 石垣好晴 絵

[目次]

  • 私たちのたのしい演劇教室
  • 目次
  • 第一章 劇とは、どんなものか
  • 劇とは、どんなものか / 15
  • 劇は、一人でやれるか / 16
  • 劇は何からなりたっているか / 19
  • 劇団は、どんな係りから成り立つか / 21
  • 劇は、どんなふうにして出来上っていくか / 23
  • 劇をやる目的はなにか / 27
  • 第二章 脚本の書き方、選び方
  • 自分で創りだすことが大切です / 30
  • 書こうとする人間の気持になること / 31
  • 筋と事件 / 32
  • 生きた人間をかくことです / 33
  • よく観察しましょう / 34
  • 主題-なにを書くか / 35
  • 脚本を例にとって / 35
  • 脚本を書くためには、どんを勉強をしたらよいか / 51
  • どんな脚本をえらんだらよいか / 53
  • 少年の空想をいかしたものを / 55
  • りっぱな人間をかいた脚本を / 56
  • 科学をいかした脚本を / 57
  • おとなの世界でも少年にわかります / 58
  • 第三章 演出のやり方
  • 演出とはなにか / 60
  • 演出の仕事は、どんな仕事に似ているか / 63
  • 演出は、どんな仕事をするか / 65
  • 氷山の水にかくれた部分をさがしあてよう / 70
  • みんなでよく考えて、みんなの力をだしあって / 71
  • テーブルげいこ / 74
  • けいこの予定をたてよう / 77
  • 単純な動きから / 79
  • 動きのプラン / 82
  • けいこ / 86
  • 通しげいこ / 102
  • 最後の仕上げ、舞台げいこ / 104
  • 第四章 演技のやり方
  • 自分の体をカンバスと楽器にして / 107
  • もう一人の生きた人間を / 108
  • 「もしも…」ということ / 109
  • 幕があく前のこと / 114
  • 小さなうそも見のがさないで / 122
  • 役の中に自分を、自分の中に役を / 126
  • 相手をほんとうの相手と思う / 129
  • 舞台に生きる / 131
  • 自分の役割を知ろう / 132
  • 劇の中で大切なところ / 134
  • 何度やっても始めと同じように / 136
  • ふんそうについて / 137
  • 工夫を生かそう / 138
  • 顔をこしらえること / 139
  • 顔料のつくり方 / 141
  • かつらのつくり方 / 142
  • 劇『うりくわれ』一幕(今昔物語より) / 143
  • 『うりくわれ』上演の手引き / 170
  • 第五章 舞台装置のつくり方 付、舞台照明について
  • 劇は、どんな場所でもできる / 178
  • ぜいたくでない舞台装置を / 179
  • 工夫をこらそう / 181
  • はりものと切出し / 184
  • 脚本をよく読んで図をひくこと / 185
  • 泥絵具のつかい方 / 188
  • 身のまわりのものを生かしてみよう / 189
  • 舞台のつくり方 / 190
  • 幕をつかう / 191
  • 道具の組立て方 / 192
  • 小道具 / 194
  • 舞台照明について
  • 舞台照明は何のためにあるか / 195
  • 照明の器具 / 196
  • 照明の注意 / 200
  • 照明の色について / 201
  • 第六章 擬音の出し方 / 203
  • 劇『もうしません』 / 213
  • 『もうしません』上演の手引き / 248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 私たちのたのしい演劇教室
著作者等 八田 元夫
石垣 好晴
書名ヨミ ワタクシタチ ノ タノシイ エンゲキ キョウシツ
書名別名 Watakushitachi no tanoshii engeki kyoshitsu
シリーズ名 学級文庫の五、六年文庫
出版元 日本書房
刊行年月 昭和41
ページ数 253p
大きさ 19cm
NCID BA6234785X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45015303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想