岩波講座現代思想  5 (構造論革命)

新田義弘 ほか編

パリ経由で、軌条を広げた構造主義。死せるフーコー、生けるデリダら、主導者・継承者の轍に立ち会う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 構造論の黎明(構造主義の成立
  • 構造と形式-数学的存在へのアプローチ)
  • 2 構造論の展開(誤解されるレヴィ・ストロース-適正な距離、力強い空虚、他者
  • ディスクールとは何か-ミシェル・フーコーの「考古学」について
  • 円環とその外部-アルチュセール再読
  • 古典との対話)
  • 3 構造主義以後の課題(フーコーの狂気 デリダの狂気
  • 否定と象徴形成
  • 地図の圏域-認識論的装置として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座現代思想
著作者等 Derrida, Jacques
Frank, Manfred
Wolff, Francis
佐藤 徹郎
出口 顯
加賀野井 秀一
増田 一夫
大貫 敦子
新田 義弘
枝川 昌雄
桑野 隆
谷川 渥
阪上 孝
三島 憲一
丸山 圭三郎
丸山 高司
佐々木 力
子安 宣邦
村田 純一
野家 啓一
新田義弘ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ゲンダイ シソウ
書名別名 構造論革命
巻冊次 5 (構造論革命)
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.9
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 4000105353
NCID BN09661390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94009149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想