西鶴全集  第1巻

井原西鶴 著 ; 藤村作 訳註

[目次]

  • 目次
  • 西鶴の文體
  • 一 雅俗折衷體 / 1
  • 二 論理性少し(難解原因の一) / 7
  • 三 近世語彙の豐富 / 10
  • 四 特殊使用の語句(難解原因の二) / 13
  • 五 文形上の一特徵(難解原因の三) / 15
  • 六 地と會話との區劃の不明(難解原因の四) / 17
  • 七 聯想的構成 / 19
  • 八 記述について / 22
  • 九 叙事について / 29
  • 本朝二十不孝
  • 序 / 39
  • 今の都も世は借物 / 42
  • 大節季にない袖の雨 / 57
  • 跡の㓟たる娌入長持 / 72
  • 慰改て咄しの點取 / 82
  • 我と身をこがす釜が淵 / 92
  • 旅行の暮の僧にて候 / 101
  • 人はしれぬ國の土佛 / 113
  • 親子五人仍書置如件 / 123
  • 娘盛の散櫻 / 137
  • 先斗に置て來た男 / 151
  • 心をのまるゝ蛇の形 / 160
  • 當社の案內申程をかし / 167
  • 善惡の二つ車 / 178
  • 枕に殘す筆の先 / 192
  • 木陰の袖口 / 200
  • 本に其人の面影 / 211
  • 胸こそ踊れ此盆前 / 220
  • 八人の猩々講 / 229
  • 無用の力自慢 / 236
  • ふるき都を立出て雨 / 244
  • 萬の文反古
  • 序 / 259
  • 世帶の大事は正月仕舞 / 263
  • 榮花の引込所 / 274
  • 百三十里の所を拾匁の無心 / 283
  • 來る十九日の榮耀献立 / 292
  • 緣付まへの娘自慢 / 300
  • 安立町の隱れ家 / 312
  • 京にも思ふやう成事なし / 321
  • 京都の花嫌ひ / 336
  • 明て驚く書置箱 / 348
  • 代筆は浮世の闇 / 362
  • 南部の人が見たも眞言 / 375
  • 此通りと始末の書付 / 385
  • 人の知らぬ祖母の埋み金 / 396
  • 廣き江戶にて才覺男 / 410
  • 御恨み傳へまいらせ候 / 419
  • 櫻よし野山難義の冬 / 432

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西鶴全集
著作者等 井原 西鶴
藤村 作
書名ヨミ サイカク ゼンシュウ
書名別名 Saikaku zenshu
巻冊次 第1巻
出版元 至文堂
刊行年月 昭和29
ページ数 4冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
56000890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想