父親としての森鴎外

森於莵 著

森於菟は鴎外の長男であり、母は鴎外と離別した先妻である。於菟は、祖母によって育てられ、のち日本の解剖学の権威となる。その於菟が綴った鴎外一家の歴史と真実。一家の柱としての鴎外と父としての鴎外と人間としての鴎外を活写して余すところがない本書は、第一級の資料であると同時に、深く感動をよぶ一個の人間記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 観潮楼始末記ほか
  • 2 鴎外と医学
  • 3 父親としての森鴎外

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父親としての森鴎外
著作者等 森 於莵
森 於菟
書名ヨミ チチオヤ ト シテノ モリ オウガイ
書名別名 Chichioya to shiteno mori ogai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.9
ページ数 436p
大きさ 15cm
ISBN 4480027688
NCID BN09877560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94002895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想