博物史の謎解き : 化石論の進化物語

エリック・ビュフェトー 著 ; 土屋進 訳

本書は、大昔の最初の疑問から二十世紀初頭の数十年までの古生物学の歴史を辿るものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伝説の時代
  • 巨人の君臨
  • ドラゴンと一角獣
  • 化石、ノアの大洪水
  • ヨーロッパの地中のトナカイとワニ
  • ビュフォン氏とオハイオの謎のモノ
  • 行方不明の種から消滅した生物へ
  • 途切れた系統
  • 激変か進化か
  • 消失した時代の発見
  • 漸次進化、激変、それとも不変性
  • 化石脊椎動物とダーウィニズムの誕生
  • 「ミッシング・リンク」を求めて
  • ヨーロッパの化石
  • ホワイトハウスからロッキー山脈へ
  • その他のアメリカ
  • 植民地の時代
  • 未来と直面する過去の学問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物史の謎解き : 化石論の進化物語
著作者等 Buffetaut, Eric
土屋 進
ビュフェトー エリック
書名ヨミ ハクブツシ ノ ナゾトキ
書名別名 Des fossiles et des hommes
シリーズ名 地球物語双書 6
出版元 心交社
刊行年月 1993.4
ページ数 404p
大きさ 20cm
ISBN 4883021149
NCID BN09016719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94002495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想