老親とともに生きる

向井承子 著

東京に住む向井さんの家に、両親が身を寄せたのは、1972年の春のことでした。お父さんは73歳。お母さんは68歳。二人ともいくつかの病気を抱えていました。当時の平均寿命が、男69歳、女74歳。「親孝行も数年のことだと思った」と向井さんは正直に書いています。でも、それは「甘っちょろい誤算」でした。すでに日本の高齢化社会は急速に進みつつあったのです。老父母との20数年間の暮らしのこまごまを記録し、日本の老人医療・福祉のありかたを根本から問い直す本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 誰か私を助けてください
  • 1 あの橋をわたるとき
  • 2 老人と暮らす日々
  • 3 老人と医療
  • 対談 制度というお化け・家族という神話-岡本祐三医師と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老親とともに生きる
著作者等 向井 承子
書名ヨミ ロウシン ト トモニ イキル
出版元 晶文社
刊行年月 1993.9
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4794961375
NCID BN09849463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94002366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想