マーケティング学説史  アメリカ編

マーケティング史研究会 編

12人のアメリカを代表するマーケティング学者の人と学説を紹介。さらに現代的評価にも深く斬り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 個別経済的マーケティング論(A.W.ショー-マーケティング論のパイオニア
  • R.S.バトラー-忘れられた先駆者
  • M.T.コープランド-消費者行動に関する先駆的研究
  • W.オルダーソン-機能主義的マーケティング管理論の栄光と挫折
  • P.コトラー-現代マーケティング学界の第一人者)
  • 第2部 社会経済的マーケティング論(L.D.H.ウェルド-社会経済的マーケティング論の創始
  • F.E.クラーク-機能的アプローチの集大成
  • R.F.ブレイヤー-制度主義的マーケティング論の開拓者
  • E.A.ダディ&D.A.レヴザン-制度主義的マーケティング論のパイオニア
  • E.T.グレーサ-マーケティングと公共政策
  • R.コックス-流通のパラドックス その価値論的格闘)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マーケティング学説史
著作者等 マーケティング史研究会
三浦 信
光沢 滋朗
書名ヨミ マーケティング ガクセツシ
書名別名 Maketingu gakusetsushi
シリーズ名 マーケティング史研究会学説史シリーズ 1
巻冊次 アメリカ編
出版元 同文館
刊行年月 1993.7
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4495632116
NCID BN09429220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93057016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想