小劇場、みんながヒーローの世界 : 現代演劇の風景

風間研 著

生きる意味を見失った若者たちと、大人になれない大人たち-。つかこうへい以後、時代を挑発しつづける小劇場の最前線から現代日本の閉塞状況と脱出の可能性を検証する、新しい世代のための演劇論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小劇場、みんながヒーローの世界 自転車キンクリートの等身大の演劇
  • 若者の演劇に見る「大恋愛」への強い憧れ 大橋泰彦の『ゴジラ』が意味するもの
  • 「感動する喜び」を観客に教える 鐘下辰男の「愛」を追求する劇世界
  • 「イベント」に群がる若者たち 川村毅と第三エロチカの演劇
  • はたちの若者が見た男の生き方 横内謙介の『ジプシー』に現代の若者像を見る
  • 「生きのびような。生きて新しい時代見ような」 つかこうへいの復活。『幕末純情伝』
  • 家庭の問題に揺れる子供たち 二兎社の『カズオ』を見る
  • 団塊世代のお父さんたちの憂欝 岩松了と東京乾電池の芝居を見る
  • さよなら「騎士」たち 長谷川康夫の『さよなら騎士たち』
  • 世界のなかの日本の「位置」を巡って 飯沢匡の『限りなく透明に近い男』
  • 若者が「夏の夜の夢」のなかに見たものは 遊・機械/全自動シアターの『ムーンライト』
  • 舞台と客席に溢れる淋しい若者たち じんのひろあきの『我々もまた世界の中心』
  • 失われた「幸福」を求めて 大橋泰彦の『昔・むかし・或るところに…』
  • 想像力が刺激されたい 三谷幸喜の『ヴァンプショウ』
  • 大都会に住む青年の心情がズバリ浮き彫りにされて カクスコの『年中無休』
  • アイスクリームマンに岩松了の芝居は理解できるか? 岩松了の『アイスクリームマン』
  • 「惚れて」いても駄目になる恋愛とは? 池田成志の『花のお江戸の法界坊』
  • 「劇的興奮」を味わいたい 横内謙介の『陽だまりの樹』
  • 終わりのない「芝居」を見る観客たち キャラメルボックスの『カレッジ・オブ・ザ・ウインド』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小劇場、みんながヒーローの世界 : 現代演劇の風景
著作者等 風間 研
書名ヨミ ショウゲキジョウ ミンナ ガ ヒーロー ノ セカイ
書名別名 Shogekijo minna ga hiro no sekai
出版元 青弓社
刊行年月 1993.7
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 4787270400
NCID BN09643810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93055343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想