墓と葬送の社会史

森謙二 著

村はずれに捨てられ、粉砕された死体・遺骨。それが納骨・墓詣りの習俗へと変化したのはなぜか。租先の祭祀の象徴であった墓が、その存在自体を拒否されつつある現代的側面も含め、死者管理の歴史展開を眺望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市民社会と墓地
  • 第2章 墓地空間
  • 第3章 さまざまな墓制-墓と墓地の民俗
  • 第4章 国家による「死」の管理-明治政府の墓地政策
  • 第5章 租先祭祀と墳墓
  • 第6章 家族の変動と現代の墓制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 墓と葬送の社会史
著作者等 森 謙二
書名ヨミ ハカ ト ソウソウ ノ シャカイシ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.6
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 4061491520
NCID BN09272355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想