心の病と社会復帰

蜂矢英彦 著

現在日本の精神病入院患者は約三五万人。そのうち、社会的支援さえあれば退院できる人は一〇万人もいる。病状は回復したものの、まだ十分に社会に適応できない人々が街で暮らすには、どのような施設、体制が必要なのか。地域精神医療に長年たずさわってきた精神科医が、心病める人に立ちはだかる困難と、それを切り拓いていく試みを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心の病は誰にでもおこる
  • 第2章 さまざまな心の病
  • 第3章 心の病はどこまで治るか
  • 第4章 精神病院における活動
  • 第5章 社会復帰の専門施設
  • 第6章 心の病と犯罪事件
  • 第7章 18年ぶりの精神病院で
  • 第8章 地域社会で生きる

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心の病は誰にでもおこる
  • 第2章 さまざまな心の病
  • 第3章 心の病はどこまで治るか
  • 第4章 精神病院における活動
  • 第5章 社会復帰の専門施設
  • 第6章 心の病と犯罪事件
  • 第7章 一八年ぶりの精神病院で
  • 第8章 地域社会で生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の病と社会復帰
著作者等 蜂矢 英彦
書名ヨミ ココロ ノ ヤマイ ト シャカイ フッキ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.4
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004302765
NCID BN08924541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想