世界観と哲学の基本問題

藤沢令夫 著

世界をどのように把握するか?世界観の形成は哲学とその延長上に誕生した科学にとって最重要の課題である。ギリシア哲学研究の第一人者である著者は、古代ギリシアにおける三つのパラドクスの意味を分析し解釈することを通して、この難問に真正面から挑戦する。その上で自然、技術、価値とは何かという哲学の基本問題をその根底にまで立帰って明らかにしていく。今日希求されている新たな世界観構築のために必須の書と言えよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界解釈の基本問題-三つのパラドクスをめぐって
  • 第2章 自然とは
  • 第3章 技術とは
  • 第3章 倫理とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界観と哲学の基本問題
著作者等 藤沢 令夫
書名ヨミ セカイカン ト テツガク ノ キホン モンダイ
書名別名 Sekaikan to tetsugaku no kihon mondai
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.5
ページ数 236, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4000012061
NCID BN09129340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想