葛城山の祭りと伝承

桜井満, 大石泰夫 編

大和盆地の南西の壁をなす葛城の山々は、一言主大神を伝え、役行者を生んだ霊気ただよう地である。葛城の山と里の民俗世界に、古代と現代の接点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 葛城山の風土
  • 第1章 葛城一言主神社の歴史と信仰
  • 第2章 葛城一言主神社の秋祭り
  • 第3章 葛城水分神社と水越川
  • 第4章 鴨山口神社と葛城天神社
  • 第5章 葛城山の伝説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 葛城山の祭りと伝承
著作者等 大石 泰夫
桜井 満
書名ヨミ カツラギサン ノ マツリ ト デンショウ
シリーズ名 古典と民俗学叢書 16
出版元 桜楓社
刊行年月 1992.9
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 4273025981
NCID BN08190007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93049258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想