ソーシャルワーク理論の歴史と展開 : 先駆者に辿るその発達史

小松源助 著

本書は、ソーシャルワークの研究で知られる著者が、長年にわたってソーシャルワークの実践理論の生成と発達に関して発表してきた多数の論考のなかから選び取って編集したリーディングスである。リッチモンドやレイノルズ、竹内愛二などの研究者の業績を跡づけながら、現在のシステム・アプローチやエコロジカル・アプローチに及ぶソーシャルワークの実践理論が、どのような背景と要因を基にして、いかに多くの先駆者による苦闘をとおして発展してきたかが明らかにされている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカにおけるソーシャルワークの成立過程
  • 第2章 メリー・リッチモンドの思想と生涯
  • 第3章 『社会的診断論』以降におけるケースワークの動向
  • 第4章 アメリカにおけるケースワーク発達の基調-レイノルズの基軸をとおして
  • 第5章 ケースワーク論の展開-その心理主義への偏向の克服を中心として
  • 第6章 ケースワークの理論的基盤をめぐる回顧と展望
  • 第7章 社会福祉実践活動における方法の統合化-その具体化をめぐる課題
  • 第8章 社会福祉実践における社会的支援ネットワーク・アプローチの展開
  • 第9章 社会福祉実践におけるパラダイム転換の動向-生態‐システム論的視点を中心にして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルワーク理論の歴史と展開 : 先駆者に辿るその発達史
著作者等 小松 源助
書名ヨミ ソーシャル ワーク リロン ノ レキシ ト テンカイ
書名別名 Sosharu waku riron no rekishi to tenkai
出版元 川島書店
刊行年月 1993.3
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 4761005033
NCID BN09233546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93047503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想