赤い酒場

半村良 著

世界各地にのこる巨石文明の遺跡。10年ぶりにばったり出会った友人が、私に語った、その驚るべき実体とは?日本SF史上に燦然と輝く名作「石の血脈」の外伝「赤い酒場を訪れたまえ」、段ボールの一生を一人称で描く異色作「ボール箱」、単行本未収録作「フィックス」「嘆き鳥」等、絶妙の語りで読者を異次元の世界に誘う、半村怪奇SFの集大成。ほかに、方言を駆使した傑作怪談集「能登怪異譚」シリーズ全篇など、19篇のふしぎ小説を収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤い酒場
著作者等 半村 良
書名ヨミ アカイ サカバ
シリーズ名 ふしぎ文学館
出版元 芸術社
刊行年月 1993.5
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 4882930552
NCID BN15765277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想