スタジアムは燃えている : 日米野球文化論

杉本尚次 著

クリケットから派生した英国の子供の棒打ち遊びを"父祖"とし、米国のベースボールを"母"として発展した日本式野球。格闘技ベースボールVS.箱庭式管理野球、その違いは文化の異質性にあるのだ。都市人類が群れ集う「祝祭空間=球場」を考察し、そこで演じられる筋書のないドラマを,トゥーアングルで捉えた日米比較野球文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あこがれの野球殿堂・博物館
  • 第2章 東京ドームの野球体育博物館-日本野球発達小史
  • 第3章 都市とベースボール-市民と共に
  • 第4章 アメリカ人とベースボール
  • 第5章 ボール・パーク(野球場)へ連れてって-アメリカ・スタジアム誌
  • 第6章 さらば箱庭野球-ボール・パークと野球場の比較で測るベースボールと野球の誤差
  • 第7章 日本の野球場
  • 第8章 ドームの時代-現代の祝祭空間・劇空間へ
  • 第9章 日本列島ドーム考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スタジアムは燃えている : 日米野球文化論
著作者等 杉本 尚次
書名ヨミ スタジアム ワ モエテイル
シリーズ名 NHKブックス 657
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1992.11
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4140016574
NCID BN08331335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93042343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想