KGB極秘文書は語る

アンドレイ・イーレシュ 著 ; 滝沢一郎 訳

世界と日本を揺るがせた現代史に残る数々の大事件。初公開の極秘資料にもとづき、これまで秘密につつまれていた事件の核心に迫る。衝撃のスクープ・ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ガガーリンの神話と真実
  • 第2章 オズワルドのロシア遍歴
  • 第3章 翼よ、あれが「赤の広場」だ
  • 第4章 ブレジネフが承認した破壊工作
  • 第5章 隠された細菌兵器開発計画
  • 第6章 スターリンは謀殺されたか
  • 第7章 高級官僚スシコフの「罪と罰」
  • 第8章 東京裁判もう一つの謎
  • 第9章 ソ連共産党秘密資金を追え

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 KGB極秘文書は語る
著作者等 Illesh, A. V.
Illesh, Andreĭ Vladimirovich
滝沢 一郎
Illesh Andrey
イーレシュ アンドレイ
書名ヨミ カーゲーベー ゴクヒ ブンショ ワ カタル
書名別名 Тайны КГБ,КПСС и Советской армии

暴かれた国際事件史の真相
出版元 文芸春秋
刊行年月 1993.4
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 416347420X
NCID BN09032238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93034112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想