つぼね抄

浮島城太郎 著

[目次]

  • つぼね抄
  • 徳川家康の閨房 / 1
  • 悲劇の主人公築山殿 / 2
  • 西郷の局と阿茶の局 / 11
  • お妾を臣下に払下げ / 18
  • いかもの喰いに転落 / 23
  • 旭姫と西郡の方の頓死 / 32
  • お万お六お夏お梅 / 40
  • 智光尼と小野のお通 / 48
  • 無粋だった秀忠と花 / 60
  • 色と慾の神子横行 / 65
  • 大御所に肘鉄くれた女 / 68
  • 駿府遊廓の情炎 / 71
  • 貞節だった宮城野 / 72
  • 最上家家臣の決闘 / 77
  • 遊女の仇討の豊里 / 80
  • 小紫と松山の心中 / 87
  • 馬ろくと菊之助 / 94
  • 中村敬宇の情死論 / 99
  • 遊女小銀の入牢 / 104
  • 武辺の桃色騒動 / 107
  • 大野綱五郎と伝次郎 / 108
  • 男色がたたった稲葉伊勢 / 120
  • 下女を殺した井出某 / 125
  • 乱行した松平民部 / 130
  • 硯屋日記の抜書 / 133
  • 清水心中と駈け落ちばなし / 134
  • 茶屋女房下男と心中 / 139
  • 強慾和尙と女乞食 / 144
  • つんぼ八の籖引 / 149
  • 遊女大橋の濡衣 / 152
  • 養母に挑まれた男 / 157
  • 加番衆の艶話 / 163
  • 娘を押付ける風習 / 164
  • 女中を口説く奥様 / 167
  • 横内御門に女幽霊 / 170
  • 物売女大小を掠奪 / 173
  • 襌の結べない男 / 176
  • 女に欺され入水自殺 / 181
  • 女六部に一杯喰う / 184
  • 人妻と密通して切腹 / 189
  • お六と糸遊 / 191
  • 後家縫煙草入の話 / 196
  • 震動由礼右衛門 / 201
  • 鉄火肌の女 / 207
  • お鶴と小太郎 / 208
  • 女俠客のおたけ / 213
  • 夫の仇を討ったお浜 / 216
  • 黒駒の子分新助 / 224
  • 牢屋で逢引した竜蔵 / 227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 つぼね抄
著作者等 村本 喜代作
浮島城太郎
書名ヨミ ツボネ ショウ
出版元 中央文芸社
刊行年月 1955
ページ数 231p
大きさ 18cm
全国書誌番号
55013009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想