左門恋日記

野村胡堂 著

[目次]

  • 長篇時代小説 左門恋日記
  • 鷹狩の吉宗へ鉄砲の狙ひ撃 / 5
  • 曲者と思つたは、尾州の藩主 / 8
  • 後からもう一人、同じやうな宗春 / 12
  • 美人の裸身を描く鈴木春信 / 14
  • 美女の背後に怪人鳥居左門 / 18
  • 飛ぶ銀蛇、走る長剣 / 21
  • 捕方を前に虹の如き啖呵 / 25
  • 春信になり済して泊つて行けと / 30
  • 無言で一夜を過した美男美女 / 32
  • 走り行く春信、悲しき由賀里 / 37
  • 曲者は尾州公由緒の者との噂 / 43
  • 柳屋お藤の登場、左門必死の大厄 / 47
  • 由賀里は到頭左門を売つた / 52
  • 毛氈に生えた男の首へ美女お藤の囁き / 55
  • 桜に響いて高鳴る由賀里の驕笑 / 59
  • 三人目の女は従妹の操 / 63
  • 左門を稽古矢の的に引据ゑた / 66
  • 操の賢さか左門を救つた / 71
  • 由賀里の成敗を望む三次 / 76
  • お藤を挾んで絵師と岡つ引 / 80
  • お藤にいどむ権六の手 / 84
  • 権六の上に浴せる由賀里の啖呵 / 88
  • 男出入の相手は柳屋のお藤坊 / 91
  • 女づく器量づくで八幕境内の達引 / 95
  • 欄干の上に踊る由賀里 / 99
  • 主の怨と姉の怨、清算しよう / 103
  • 吉宗を討つ手引をしよう / 106
  • お主の敵か、許嫁の命か / 110
  • 左門を乗せて霞み行く猪牙 / 114
  • 刃に見入る乙女の瞳 / 119
  • 酔つた振りで人目の聞を / 120
  • 左門の着替へに縮緬の振袖を / 123
  • 絵の美しさ、真物の美しさ / 128
  • 通り魔の美女が絵姿をさらつた / 132
  • お藤と左門は夢心地に / 137
  • 闇の中で許嫁同志が / 140
  • 操を助け度さに九死の境を来た / 144
  • 焰の中の二老人、落ちゆく左門、操 / 146
  • 操と左門は同じ棟の下に / 152
  • 生垣の外から覗く怪物 / 155
  • 天正寺の森に由賀里の誘ひ / 159
  • 森の闇に匂ふ啖呵の虹 / 163
  • 由賀里を目がけて笹穂の槍 / 168
  • 左門が組敷く不気味な怪物 / 171
  • 春信の前に赤裸の美女 / 178
  • お藤を谷中へ誘ひ出せ / 182
  • 三次の胸に芽ぐんだ恋を / 185
  • 江戸の三美人が笠森に集まる / 188
  • 自分の美しさに溺れた女心 / 192
  • お藤を追ふ三次の恋心 / 195
  • 左門は一刀に怪人を斬つた / 201
  • 斬つたのは老僕篠野道作 / 205
  • 死に行く人の前に祝言の盃 / 208
  • 浜御殿で吉宗が忍びの月見は十五日 / 211
  • 意外、意外、三次は道作の伜 / 214
  • 操は髪を切つて男姿に変つた / 221
  • 柳屋の店先へ水際立つた若衆姿 / 227
  • 由賀里と左門を入れて三枚組に / 230
  • 健気な操が思い余つての決心 / 235
  • 親の敵はお前だと三次は月の往来へ / 239
  • 銀簪に耳を縫はれた、縁に立ち関く曲者 / 243
  • 大川端の殺し、それを黙つて見る男 / 248
  • 地獄の底までもと、由賀里は顔を埋めた / 254
  • 秋草を描いた印籠を抱いたお藤の行方 / 257
  • お藤は大川へ、抱き止めたのは誰? / 260
  • 明日は一世一代、うんと踊るよ / 265
  • 大髻へ鋏を入れて左門を死地へ / 270
  • 三人は斬られた、続く人垣、槍襖 / 277
  • 進んで由賀里が武者隠しの中へ / 281
  • 最後の切札、死なうとあせる左門へ / 285
  • 憤怒の左門に女は命を投出さうと言ふ / 289
  • 獅子の毛を剝げば、蒼白い美女の顔 / 291
  • 操と三次は雁字がらめにし権六へ / 295
  • 故郷の名古屋へ二組の若夫婦 / 299

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 左門恋日記
著作者等 野村 胡堂
書名ヨミ サモン コイ ニッキ
書名別名 Samon koi nikki
出版元 東方社
刊行年月 1956
ページ数 302p
大きさ 20cm
全国書誌番号
56011334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想