音楽の未来に蘇るもの : ポップ・ミュージックの進化と深化

高橋健太郎 著

ポスト・パンクのロック、ヒップホップ、ハウスからワールド・ミュージックまで、'80年代以降の激変するポップ・ミュージックの流れを大胆に捉え直す、高橋健太郎の初の音楽評論集。音楽の未来像を予見させる批評のスリルに満ち溢れた書き下ろし400枚。巻末に詳細なレコード・ガイド収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロックへの反語としてのロック
  • 第2章 ターンテーブルが時代を回す
  • 第3章 地球音楽のリミックス
  • 第4章 テクノロジーが呼び起こす記憶
  • 第5章 ポップの未来図に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の未来に蘇るもの : ポップ・ミュージックの進化と深化
著作者等 高橋 健太郎
書名ヨミ オンガク ノ ミライ ニ ヨミガエル モノ
書名別名 Ongaku no mirai ni yomigaeru mono
出版元 太田
刊行年月 1991.6
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4872330234
NCID BN06720405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93023318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想