金閣寺

三島由紀夫 著

1950年7月1日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み-ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇…。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金閣寺
著作者等 三島 由紀夫
書名ヨミ キンカクジ
書名別名 Kinkakuji
出版元 新潮社
刊行年月 1956
版表示 改版
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-105008-9
NCID BA41898968
BA64654168
BB06000263
BN05142799
BN05510983
BN08711777
BN08887660
BN0930869X
BN10335088
BN13267392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56015032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想