血液幹細胞の運命

須田年生 著

分化・増殖決定のしくみとは?果たして幹細胞は自己複製するのか、また分化決定のしくみ、幹細胞と造血の関わりといった根源的命題に正面から挑んだ血液細胞がわかる本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 造血研究史
  • 2 血液幹細胞とその子孫
  • 3 コロニー法による幹細胞機能の測定
  • 4 幹細胞の純化
  • 5 造血因子とその受容体
  • 6 ストロマ細胞と接着分子
  • 7 造血障害と骨髄移植
  • 8 血球分化の機構

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液幹細胞の運命
著作者等 須田 年生
書名ヨミ ケツエキ カンサイボウ ノ ウンメイ
書名別名 Ketsueki kansaibo no unmei
シリーズ名 実験医学バイオサイエンス 7
出版元 羊土社
刊行年月 1992.12
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 4946398872
NCID BN08487990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93016157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想