韓国の祖先崇拝

崔吉城 著 ; 重松真由美 訳

著者は韓国における民俗学、文化人類学の第1人者。綿密なフィールドワークによるシャーマニズムの研究で知られるが、そうした視野から祖先崇拝をとりあげたのがこの本である。今まで韓国の祖先崇拝は儒教研究の立場だけからなされてきたが、シャーマニズムとの関連性を分析したのは本書がはじめてである。韓国との比較により、日本の祖先崇拝の特色についても論じられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 韓国祖先崇拝の研究史
  • 第2章 死に対する態度
  • 第3章 孝と祖先崇拝
  • 第4章 韓国祖先崇拝の観念と構造
  • 第5章 儒教祭祀の構造原理
  • 第6章 風水を通じてみた祖先祭祀の構造
  • 第7章 韓国の開化期の教科書に現われた祖先観念
  • 第8章 巫俗の祖先崇拝における恨、怨魂、鎮魂
  • 第9章 死後結婚の意味
  • 第10章 死霊による疾病と治療
  • 第11章 湖南地方の巫俗における祖先崇拝と親族意識
  • 第12章 キリスト教と祖先崇拝
  • 第13章 巫俗の葬制
  • 第14章 日韓祖先崇拝の比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国の祖先崇拝
著作者等 崔 吉城
重松 真由美
書名ヨミ カンコク ノ ソセン スウハイ
書名別名 Kankoku no sosen suhai
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1992.12
ページ数 383p
大きさ 23cm
ISBN 427501488X
NCID BN08441752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93014761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想