宗教の復讐

ジル・ケペル 著 ; 中島ひかる 訳

アメリカの「テレビ伝道師」、聖戦を標榜するイスラム教徒、自らゲットーへと戻ってゆくユダヤ教徒-。いま、彼らは、政治的にも社会的にも強い影響力を持っている。これまで個別にしか注目されてこなかった宗教運動を、大きな社会的文脈のなかに位置づけ、その力の背景を根底から分析した、気鋭の政治学者による野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 混乱のなかの宗教
  • 1 剣とコーラン
  • 2 ヨーロッパ、伝道の地(第二ヴァチカン公会議の遺産
  • 西ヨーロッパにおける再キリスト教化
  • 共産主義の廃墟のうえで)
  • 3 アメリカを救え
  • 4 イスラエルの贖罪
  • おわりに 世界の再征服

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教の復讐
著作者等 Kepel, Gilles
中島 ひかる
ケペル ジル
書名ヨミ シュウキョウ ノ フクシュウ
書名別名 La revanche de Dieu
出版元 晶文社
刊行年月 1992.10
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 4794960948
NCID BN08301935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93007731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想