渇いた警官

ウィリアム・J.コーニッツ 著 ; 竹林卓 訳

クリスマス間近の雪のニューヨークで、ふたりの黒人女性が殺された。目撃者も、犯人の遺留品もなく、喉を掻き切られて殺されているのに、血痕すらもないのだ。人種問題をはらんだこの難事件の扱いに苦慮した刑事部長は、特捜班のチーフにジョン・ビンダ警部補を据える。その苛酷な犯人逮捕のやり口から、マスコミに<処刑隊長>と呼ばれ、閑職に追いやられた辣腕の刑事だ。だが、チーフとなったビンダを嘲笑うように、殺人事件は連続する…。警察小説に独自の作風を築いた名手が、NYに展開する大捜査線を描く力作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渇いた警官
著作者等 Caunitz, William J
竹林 卓
Caunitz William J.
コーニッツ ウィリアム・J.
書名ヨミ カワイタ ケイカン
書名別名 Exceptional clearance

Kawaita keikan
シリーズ名 扶桑社ミステリー
出版元 扶桑社
刊行年月 1992.8
ページ数 465p
大きさ 16cm
ISBN 4594009956
全国書誌番号
93007348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想