どもり

F.B.ロビンソン 著 ; 神山五郎 訳

監修者: 平井昌夫, 神山五郎;参考文献: 139-141p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 日本版監修者のことば
  • 日本版への編集者のことば
  • 編集者のことば
  • はしがき
  • 1 学生のジレンマ
  • 問題 / p1
  • 2 どもりはじめの源
  • 初期の概念 / p13
  • 現状 / p20
  • 可能な源 / p22
  • 大脳半球優位支配とDysphemia / p23
  • Servoの理論 / p31
  • 葛藤理論 / p35
  • ノイローゼとしての吃音 / p37
  • 自己過程理論 / p39
  • 評価の理論 / p41
  • 要約 / p47
  • 3 進行性吃音
  • 変化の意味 / p49
  • 変化の発端:懸念と欲求不満 / p50
  • 懸念と欲求不満の意味 / p51
  • 破壊されたスピーチに対してもつ懸念の源 / p53
  • 自分で生みだした懸念の感情 / p61
  • 欲求不満の源としての流暢さの破壊 / p63
  • 懸念と欲求不満の効果 / p67
  • 螺旋効果 / p68
  • 一般化の効果 / p68
  • 語に対する恐れの移行 / p70
  • 状況に対する恐れの移行 / p71
  • 試みられた解決策 / p72
  • 問題解決が進行した症状になる / p75
  • 4 臨床問題としての二次性吃音
  • 進行性吃音対二次性吃音 / p78
  • 恐怖-縮小理論 / p79
  • 二次性報酬としての進行性吃音のパタン / p81
  • 自己概念統合 / p82
  • 二次性吃音者を理解すること / p83
  • 要約 / p108
  • 5 予防
  • 予防の限界 / p111
  • 予防策に対する一般的なアプローチ / p112
  • 両親のカウンセリング / p117
  • 進行した吃音者に対する予防治療 / p130
  • 要約と結論 / p135
  • 訳者あとがき / p137
  • 参考文献 / p139
  • 索引 / p142

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 どもり
著作者等 Robinson, Frank B.
Robinson, Frank Bennett
神山 五郎
F.B.ロビンソン
書名ヨミ ドモリ
書名別名 Domori
シリーズ名 言語障害基礎シリーズ ; 6
出版元 日本文化科学社
刊行年月 1968
ページ数 145p
大きさ 22cm
NCID BN00569413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68008780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想