時局講座  第2輯

[目次]

  • 物價問題と國民生活
  • 目次
  • 第一章 物價問題の現段階 / 1
  • 一 戰爭と物價問題 / 1
  • 二 最近に於ける物價の趨勢 / 3
  • 三 物資の側からみた今後の物價 / 5
  • 四 輸入力增强の必要と大陸建設 / 7
  • 五 勞働力不足問題 / 9
  • 六 貨幣購買力の累增 / 12
  • 七 「物價統制大綱」の政策的限界 / 15
  • 八 經濟再編成の必然 / 17
  • 第二章 事變下に於ける物價問題の發展 / 21
  • 一 事變初期の物價 / 21
  • 二 物價の昻騰と自治統制の破綻 / 23
  • 三 價格監理政策の發展 / 26
  • 四 本格的騰勢に入つた第三期物價 / 29
  • 五 小賣物價と生計費の昻騰 / 31
  • 六 輸出增進の必要と我が物價高 / 35
  • 七 綜合的物價政策の發足 / 37
  • 第三章 物價統制大綱の檢討 / 40
  • 一 拔本的對策へ / 41
  • 二 國際物價水準への調整 / 43
  • 三 戰時適正價格の形成 / 45
  • 四 生產費構成要素の適正化 / 47
  • 五 需要供給の調整 / 52
  • 六 價格引上に依る生產增加策の放棄 / 56
  • 七 物價統制の影響に對する措置 / 57
  • 第四章 物價統制と軍需充足生產力擴充、輸出振興 / 58
  • 一 軍需と物價政策 / 59
  • 二 軍需品價格抑制の三方策 / 60
  • 三 低物價政策と生產力擴充 / 64
  • 四 生產費引下の諸問題 / 67
  • (1) 賃金引下の限界 / 67
  • (2) 生產原價と原材料費 / 68
  • (3) 石炭問題の重要性 / 70
  • (4) 電力高とその打開策 / 72
  • (5) 金利の引下 / 74
  • 五 利潤統制と生產力擴充 / 75
  • 六 輸出振興と生產資引下の方向 / 79
  • 第五章 戰時國民生活確保の諸方策 / 85
  • 一 物價高と國民の收入 / 86
  • 二 國民生活緊張の限度 / 88
  • 三 明確を缺く「大綱」の生活必需品對作 / 90
  • 四 生活必需品專賣の必要 / 93
  • 五 家賃、地代の騰貴抑制 / 96
  • 六 住宅不足の緩和 / 99
  • 七 社會保險制度の效用 / 101
  • 八 中小商業對策確立の要 / 104
  • 追補一 歐洲大戰勃發と物價問題への影響 / 106
  • 追補二 九・一八停止令以後の物價問題 / 112
  • 〔附錄〕
  • 一 物價統制の大綱 / 1
  • 二 物價統制實施要綱 / 18
  • 三 石炭對策要綱 / 52
  • 四 價格等統制令 / 57
  • 五 價格等統制施行規則 / 65
  • 六 地代家賃統制令 / 75
  • 七 地代家賃統制令施行規則 / 78

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 時局講座
著作者等 山崎 広
河上 丈太郎
書名ヨミ ジキョク コウザ
書名別名 物価問題と国民生活
巻冊次 第2輯
出版元 清談社
刊行年月 昭14
版表示 増補版
ページ数 125, 80p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46055738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想