文学と天皇制

清水昭三 著

[目次]

  • I 文学と天皇制
  • 1 なぜ天皇制論を書くのか / 7
  • 2 谷口雅春の天皇制論 / 13
  • 3 恐るべき検定教科書の方向 / 17
  • 4 天皇制とはなにか / 22
  • 5 天皇制は生きている / 26
  • 6 主権在民下の天皇制 / 31
  • 7 「日の丸」は国旗? / 33
  • 8 「君が代」は国歌? / 40
  • 9 国旗・国歌への新しいイメージを / 45
  • 10 中野重治の天皇制観 / 48
  • 11 残酷な天皇史の一面 / 53
  • 12 実説日本版ハムレット / 60
  • 13 明治維新劇の楽屋裏 / 78
  • 14 明治憲法への道 / 83
  • 15 「思想の科学」事件 / 91
  • 16 天皇と戦争責任 / 98
  • 17 文学者の戦争責任論 / 104
  • 18 敗戦処理の不手際 / 110
  • 19 マ元師が天皇を救う / 114
  • 20 現代日本文学はどうあらねばならぬか / 118
  • 21 天皇の歌が意味するもの / 120
  • 22 ファッシズムへの逆流 / 126
  • 23 「五箇條の誓文」とその意義 / 132
  • 24 貝になった知識人 / 139
  • 25 新興宗教が生んだ神々の氾濫 / 143
  • 26 汚れている日本の法廷 / 150
  • 27 新しいイメージの創造をみなの手で / 154
  • II 知られざる反逆者たち
  • 宮下太吉 <大事件の主謀者> / 165
  • 渡辺政太郎 <「北風会」の主宰者> / 182
  • 金子ふみ子 <朴烈の愛人> / 199
  • 中村星湖と石原文雄 <農民文学の先駆者> / 216
  • 熊王徳平と山田多賀市 <農民文学の日つの大作> / 229
  • 深沢七郎の思想と文学 / 246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学と天皇制
著作者等 清水 昭三
書名ヨミ ブンガク ト テンノウセイ
書名別名 Bungaku to tennosei
出版元 七曜社
刊行年月 1963
ページ数 261p
大きさ 19cm
NCID BN07160350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63009723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想