方丈記宜春抄

仁木宜春 著 ; 簗瀬一雄 編

原題は「長明方丈記抄」;限定版 謄写版

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 一、 解題 / 1
  • 二、 長明方丈記抄 / 6
  • 序 / 5
  • 前書 / 6
  • 長明系図 / 10
  • 題号 / 12
  • ゆく川のなかれは / 14
  • 玉しきの都のうちに / 15
  • をよそものゝこゝろをしれりしより / 18
  • 去ル安元三年四月廿八日かとよ / 19
  • はてには朱雀門大極殿大学寮民部省まて移りて / 20
  • あるひは煙にむせひてたふれふし / 22
  • 又治承四年卯月二十九日のころ / 24
  • 又おなし年のみなつきのころ / 26
  • 其時をのつから事のたよりありて / 30
  • 日々にこほちて / 31
  • 又養和のころかとよ / 36
  • 京のならひなにはにつけても / 39
  • あやしきしつ山かつも力つきて / 43
  • 仁和寺に隆暁法印といふ人 / 46
  • 近くは崇德院の御位の時 / 48
  • 又元暦二年のころ / 49
  • 其中にあるものゝふのひとり子の / 50
  • むかし斉衡の比かとよ / 53
  • もしをのつから身かなはすして / 54
  • わか身父かたの祖母の家を傳へて / 57
  • こゝに六十の露きえかたをよひて / 60
  • 今マ日野山の奥に跡をかくして / 63
  • 春は藤波を見る / 68
  • もし念佛ものうく読経まめならさる時は / 69
  • 又ふもとに一の柴の庵あり / 73
  • 歸るさには折につけつゝ桜をかり / 76
  • 大かた此ところに住そめし時は / 79
  • たゝかりの庵のみのとけくして / 80
  • すへて世の人の住かを作るならひ / 82
  • それ人の友たるものは / 83
  • 衣食のたくひ又おなし / 85
  • 大かた世をのかれ身をすてしより / 86
  • 一期のたのしひは / 86
  • それ三界はたゝ心一なり / 87
  • 抑一期の月影かたふきて / 88
  • 追考 / 93

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 方丈記宜春抄
著作者等 仁木 宜春
簗瀬 一雄
書名ヨミ ホウジョウキ ギシュンショウ
シリーズ名 碧冲洞叢書 ; 第19輯
出版元 簗瀬一雄
刊行年月 1962
ページ数 93p
大きさ 21cm
NCID BN1307766X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62004925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想