江戸幕府・破産への道 : 貨幣改鋳のツケ

三上隆三 著

江戸幕府はなぜ倒壊したのか。財政破綻がその大きな要因の一つだろう。幕府財政は年貢米徴収をその根幹としたため、飛躍的な増収を実現できず、慢性的な赤字に悩むことになる。そこで編み出した打出の小槌は、度重なる貨幣改悪による差益である。それで何とか持ちこたえていた幕府が幕末に直面した外圧-。ペリー来航後の国際条約がもたらしたゴールド・ラッシュは、鎖国下で世界への登場を余儀なくされた日本の苦悩の姿を映し出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 貨幣経済の誕生
  • 第1章 金銀銅並立の三貨制度
  • 第2章 米遣いの経済から金遣いの経済へ
  • 第3章 出目を生み出す幕府の赤字財政
  • 第4章 金本位制度の出現
  • 第5章 ペリー来航後の日米経済摩擦
  • 終章 両から円へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸幕府・破産への道 : 貨幣改鋳のツケ
著作者等 三上 隆三
書名ヨミ エド バクフ ハサン エノ ミチ
書名別名 Edo bakufu hasan eno michi
シリーズ名 NHKブックス 636
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1991.12
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4140016361
NCID BN07014508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想