人間の歴史を考える  2

宮本憲一 ほか編

原子から生命への進化はどのようにしてなされたのだろうか?下等な動物から哺乳類・霊長類・人間への進化と分岐は?言語・意識・道具の使用、そして人間的自由への到達の道は?こうした研究分野でのさまざまな疑問点や人類未解決の課題をも明らかにしながら、人間が生きるということはどういうことかを、改めて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命へ(生命のはじまり
  • 化学進化
  • 分子から見る進化史
  • 高等生物への道)
  • 第2部 人間へ(人間像のためのたたかい
  • 進化-自由と決定性の相関的増大
  • 人間への進化の本流
  • 人間観の諸相)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の歴史を考える
著作者等 八杉 竜一
大島 泰郎
宮本 憲一
八杉 龍一
書名ヨミ ニンゲン ノ レキシ オ カンガエル
書名別名 人間への進化

Ningen no rekishi o kangaeru
シリーズ名 岩波市民大学
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.7
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4000036521
NCID BN07849564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想